電気の切替で、よくいただくご相談「停電や電力会社の倒産リスクは?」

新しい電力会社に契約を切り替えても、流れる電気はこれまでと同じ電線を通ります。
そのため、新たな電線の設置や電力メーターの付け替えは不要です。

そして、停電発生率は電力会社によらず、これまでと変わりません。万が一にも、新電力会が事業撤退や倒産となる場合にも、2016年の全面電力自由化にともない「最終保障供給」という電気事業法の中のセーフティーネット制度で守られています。

この制度では、どの電力会社に契約が変更となっても、各エリアの大手電力会社がバックアップとして電力の供給義務を負うことで、需要家に電力が途絶えることはなく損害が不利益を被ることがないように設計されています。

さらに、常に第三者機関で経済産業大臣直轄の「電力・ガス取引監視委員会」が監視を行い、行き過ぎた営業行為や公正な取引となるように監視をしています。そのため、どなたも安心して電力切替を進めることが可能となっています。