電気のコスト構造とコスト削減の方法

電気料金はどのように決まるのでしょうか?

おおまかには以下の図の通りとなっています。発電コスト+託送費+送電ロス+販管費+電力会社のマージンという構造となっており、それぞれの電力会社ごとに異なります。


弊社では、これまでのオークション実績をもとに、どのエリアでどのような使い方の企業様が、どのあたりの単価水準が妥当なのか、法人電気代の分析診断サービスを実施しております。

⇒ 詳しくは「コスト最適化診断」サービスへ


また弊社では、2016年より電力オークションで、実際に効果的なコスト削減をしております。

⇒ 詳しくはコスト「最適化」オークションへ

電力コスト水準を適正に保つことで、毎年、削減した金額がそのまま利益となり積み重なっていきます。再エネ導入費用など、新規予算の捻出にもなります。

新たな設備の増設や、人件費バランスや人の配置転換をすることなく、数か月後から利益を生み出せる「電気代のコスト最適化」を、是非、この機会に、ご検討されてみてはいかがでしょうか?


■あわせて おすすめの関連記事
「電力オークション」コスト削減 実例集
電気の切替で、よくいただくご相談「停電や電力会社の倒産リスクは?」
「電力オークション」コスト削減の実績とご参加企業

■電力オークション や 再エネ調達 に関するご相談は 
こちらをクリック