卸電力市場の高騰、その後

『画像の出典:BUSINESS INSIDER 撮影:竹井俊晴

(2021/ 4/2掲載)

皆様こんにちは。
ホールエナジーの佐藤でございます。

かなり暖かくなってきた今日この頃ではございますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
春といえば、新しい環境、新しい生活、桜、あたたかく過ごしやすい気候、花粉、カフン、かふん。。。
と言いつつ、私は花粉症ではないのですが(笑)
私の周りでは苦しめられている人が多いようです。
これをご覧になっていただけている皆様はいかがでしょうか?


さて、話しは変わりますが、最近の電力市場の状況について少しお話しをさせていただきたいと思います。
ニュースにも取り上げられておりましたが、先日の年末年始に電力市場が非常に高騰いたしました。
その影響は、やはり、電力会社全体的に大きく影響があったようで。。。

理由としては、寒波の影響を受け一時的に電力需要が高まったことや、LNG不足などと言われており、
市場価格としては1月の終わり頃にはだいぶ落ち着いてはおりましたが、いまだにその時の影響が続き、
お客様への見積内容であったり、会社の体制を通常通りに戻せない会社も多くあるようです。

このような状況になるということは過去に無く、誰も予想していなかったということもあり、
正直なところ、弊社は、いまだに需要家様・電力会社様双方より市場高騰の影響から派生したご相談を多く
いただいている中でもあり、対応に追われている日々となっております。

現在の状況だけに限らず、この先でも電力業界において様々な市場の変化があると存じます。今回に関しては、
ニュースにも大きく取り上げられ目にした方も多くいらっしゃったと存じますが、逆を言えば、ここまでの
規模の話題にならなければ、普段の生活で、電力市場の状況について目にする機会も多くはないでしょう。

 
ご自身の通常の業務でご多忙の中、専門でない電力市場の状況に目を向け続けるということもなかなか難しいとは
思いますので、そんなときには電力を専門として、市場だけでなく各電力会社の動向も日頃より見聞きしている
ホールエナジーを是非ご利用いただけますと幸いでございます。

ご利用いただけましたら、誠心誠意、貴社のお力になれるよう尽力することをお約束させていただきます。

まだまだ日中との寒暖差の激しい日は出てくると存じますので、お体に気をつけてお過ごしくださいませ。